契約内容による忙しさ

フリーランスのディレクターの忙しさは仕事の契約内容によって大きく異なることに留意が必要である。一般的には管理職となるため、プログラマやエンジニア、デザイナー等の技術力をもって実際の仕事を担う人たちに比べると忙殺されにくい傾向はある。こういった最前線で働く人たちの場合にはプロジェクトの進行状況によっては連日残業を行ったり、休日に出勤して働いたりすることが不可欠となる場合も稀ではない。ディレクターの場合にはそういった忙しさを体験せずに済む場合もあるが、それはフリーランスとして契約をした際に請け負った実際の仕事内容に大きく依存するのである。

フリーランスをする人は技術力も高いことが多いため、最前線で一人の専門家として働くことも要求されることがある。そういった仕事を請け負った場合には他のチームメンバーと同様に残業や休日出勤をして仕事を担っていくことが必要になることも多い。一方、最前線での仕事がない場合においても、関連する他の企業やクライアントとのやり取りを任される場合には密な連絡をとるために繰り返し足を運ぶ必要が生じることも多く、現場にいるのとはまた異なる忙しさが増えることになる。こういった現場での指揮をとる以外の仕事をどれだけ請け負う契約をするかによってディレクターとしての忙しさは大きく変化する。そのため、生涯をかけて働いていくには自分の体力とも相談して適切な契約を結ぶことが重要となる。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です