ディレクターの需要傾向

ディレクターとしての仕事の役割はあるプロジェクトにおいてそのチームメンバーを統括して効果的にプロジェクトを進められるようにまとめあげることである。IT業界のように個々の専門家がそれぞれの分野において特化している業界においては、その個々の専門家の特性や能力を理解していることが必要であり、互いの理解を助け合えるような橋渡し役を担うのもディレクターの勤めとなる。こういった人材はマネジメント能力に長けていることが何よりも重要なポイントとなるが、IT業界においてはそういった人材が不足がちな傾向がある。そのため、フリーランスをしている人材に依頼する企業も多数あるという状況ができている。

フリーランスをして数々の現場経験を踏んできた人にとってはその経験を生かせる職種であることから特に中年以降の世代に人気がある。しかし、フリーランスの場合は正社員の場合とは違う不安を持たざるを得ない。それは、仕事が将来的にも安定して存在するかどうかという点である。状況としてマネジメント能力に長けている人材が各企業で不足しているからこそ仕事が豊富にあって安定して仕事を獲得することができている。マネジメント能力をつけることが必要であるということはIT業界においても認識されており、これからそういった人材が多く輩出されてくる可能性が高いと考えられるのである。すると企業において正社員をディレクターとする傾向が強まる可能性が高いのである。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です