勉強が不可欠なフリーランスのディレクター

ディレクター(企業によってはプロジェクトリーダーと呼ばれるようだ)としてフリーランスをしていくためには多様な現場においてリーダーとして現場を理解し、効率的にチームを動かせるような理解力とマネジメント能力が必要とされる。現場によってチームを構成する専門家の種類も異なるが、それぞれの専門家の特性や特技について熟知していることが必要であり、それによって適切な形で仕事を割り振っていく必要があるだろう。

ディレクターとなる道を歩む人はもともとは類似した現場においてマネジメントされる側を経験している専門家であるのが一般的である。そのため、自分の専門分野については詳しいものの、他の分野についてはそれほど深い知識を持っていないことも多い。そのため、特にフリーランスを始めた頃においては休みの日を利用して、それぞれの専門家の特徴について勉強をしていく必要があるのが一般的である。また、そういった理解が深まった後にも、他の関連する専門家についての理解を深めていくことが重要になる。現場のリーダーとして働くことから、プロジェクトをより効率的に動かすのに必要な専門家がいるのであれば、その人材を雇用することを進言することによってより効率的にプロジェクトが進められるようにすることもディレクターの役割だからである。

そうやって広い分野の専門家について理解することでフリーランスとして請け負える仕事も増える。どういった専門家がどういった場で役立つかを理解していくことが不可欠なのである。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です